【カビ対策】湿度の高い場所別の予防法や除湿機の選び方をご紹介

【カビ対策】湿度の高い場所別の予防法や除湿機の選び方をご紹介

お部屋のカビ対策は、毎日おこなう必要があります。カビは、梅雨の時期に発生しやすいものだと思いがちですが、あるみっつの条件さえ揃えば、カビは一年中発生してしまうのです。

この記事では、カビが発生する条件の他、カビが発生しやすい場所ごとの対策方法についてお教えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、お部屋の湿度を下げるための「除湿機」の選び方についてもご紹介します。除湿機は種類が豊富ですので、お部屋にあったものを選ぶようにしましょう。

お部屋にカビが発生する3つの条件

普段肉眼で見ることができないカビの胞子は、ある条件が揃うと繁殖し、人間の目で見える状態まで広がってしまいます。

カビが繁殖してしまう主なみっつの条件についてまとめてみました。

【条件1】湿度

湿度とは、空気中に含まれる水分量の割合のことをいいます。カビは、お部屋の湿度が60%を超えると活動し始めるといわれており、70%を超えると一気に繁殖スピードが早くなってしまいます。

カビの発生を予防するためには、湿度を下げることが重要ですが、人間が生活するのに快適な湿度も保たなければいけません。

人間が快適・健康的な生活を保つために必要な湿度は、40%~60%といわれていますので、室内の湿度をその範囲で保てるように、日々調節をおこないましょう。

効率よく湿度を下げるには、換気がオススメです。外の空気をお部屋に送り込み、湿気が部屋の中に残らないよう上手に循環させてみてください。

【条件2】温度

カビは、室内の温度が20~30度の状態を好んで繁殖をします。しかし、人間が快適だと感じる温度も同じ20~30度ですので、温度を下げてカビの繁殖を抑えることは難しいでしょう。

また、カビは0~50度の範囲で活動することが可能ですので、温度に注意していても、カビがいつの間にか発生してしまうこともあります。

カビの繁殖を抑えたい場合は、その他の条件である「湿度」や「栄養」に気をつけてみましょう。

【条件3】栄養

カビにとって、人間の食べ物やホコリ、皮脂汚れなどは大事な栄養分になります。カビを防ぐには、それらを無くすことが一番の近道になりますので、日ごろから室内を清潔な状態にしましょう。

室内を掃除するときは、必ず換気をしてから始めてください。そうすることで、空気中のカビの胞子を外に追い出すことができます。

カビが発生しやすい場所ごとの予防法

カビが発生しやすい場所ごとの予防法

家の中には、カビが発生しやすい場所がいくつか存在します。カビが発生しやすい場所ごとに、予防法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

1.浴槽
浴室は、湿度がどうしても高くなってしまうため、カビが生えやすくなってしまいます。入浴後はもちろんですが、浴室を使用していない間も換気扇を回すようにしましょう。

最後に入浴した人が、浴室を出る前に壁や床などの水気を拭くのも効果的です。ワイパーを使用すれば簡単に水気が取れるので、手っ取り早く済ませたい方はぜひ使用してみてください。

2.キッチン
キッチンは、水が近くにあるだけでなく、食べ物などの汚れも溜まりやすいため、カビが発生しやくなってしまいます。

キッチンの空気を循環させるためにも、換気扇を回してみましょう。洗い物の際に飛び散った水は、キレイに拭き取るようにしてください。

また、食べ物の汚れもなるべく放置しないように気をつけましょう。掃除の後はアルコール除菌をするとさらに効果的です。

3.窓
窓のカビは、冬の時期にできる結露の水分によって発生してしまいます。結露とは、外の寒い気温と室内の暖かい温度の差によって起こる現象のことをいいます。

窓のカビを簡単に予防するには、結露防止スプレーがオススメです。結露防止スプレーを使うことで、窓の表面に断熱効果のある膜を張り、結露を防ぐことができます。

効果は一カ月ほど持続しますので、冬の間は忘れないよう、窓に吹きかけておきましょう。

4.木材
部屋の湿度が高いと、木にカビが生えてしまうことがあります。乾燥させることが重要ですので、適度に換気をおこない、乾いた空気を室内に送り込みましょう。

また、インテリアの配置を変えてみるのもオススメです。その際は、木材の風通しがよくなるように、家具を移動させてみましょう。

木材自体にカビ予防をしたい場合は、ワックスなどでコーティングをすることで、防ぐこともできます。

カビ対策にオススメしたい除湿機の選び方

部屋の湿度を調整するのが難しいと感じる方は、除湿機によるカビ対策がオススメです。除湿機には種類がたくさん存在しますので、どれを選んだらいいのか分からない方は、ぜひ参考にしてみてください。

除湿機の種類

除湿機の種類は大きくわけて3種類あります。

・コンプレッサー式
部屋の中の空気を冷やすことで、湿気を水滴にして除去することができます。そのため、夏に使用する際は、気温の高さから効果を発揮しやすいですが、冬の場合は気温が低い影響により、効果は夏に比べて落ちてしまう特徴があります。

・ゼオライト式
乾燥剤のゼオライトと呼ばれるもので、湿気を除去することができます。冬でも除湿の効果を発揮しますが、ヒーターにより室内の温度を上げてしまうため、夏での使用は不向きです。

また、消費電力も、コンプレッサー式に比べて2~3倍大きくなります。

・ハイブリッド式
夏はコンプレッサー式、冬はゼオライトの機能で湿気を除去することができます。一年中使用することができるため、大変便利ですが、本体が大きく値段も高めに設定されているのが特徴です。

除湿機を選ぶときはココをチェック!

除湿機を選ぶときの注目していただきたいのが、「除湿能力」です。除湿能力とは、一日あたりに除去できる水の量を表しています。とくに、部屋干しをするご家庭の場合は、この除湿能力が高いものを選ぶとよいでしょう。

また、除湿効果だけでなく、「機能性」にも注目してみましょう。除湿機の機能には、冷風機能や空気清浄機能など、さまざまな魅力あふれる機能が備えられています。

除湿機を使い続ける場合、タンクの容量の大きさも重要です。タンクに溜まった水は、自分で捨てにいかなければいけないため、面倒に思う方はタンクの容量が大きいものを選ぶようにしましょう。

何度もカビが発生してしまう場合はプロに任せよう!

何度もカビが発生してしまう場合はプロに任せよう!

カビは、条件さえそろえば簡単に発生してしまうものです。何度も掃除しているはずなのに、再びカビが生えてしまう場合は、プロの力を借りてみるのもよいかもしれません。

プロに依頼すると、専用の薬剤を使用してカビを除去してくれるだけでなく、普段手の届かないような場所もキレイに掃除をしてくれるメリットがあります。

また、カビが生えている場所に応じて、薬剤を変えたり、方法を変えたりと臨機応変に対応してくれます。

業者を選ぶときは、複数の業者から見積りを依頼してみましょう。見積りをすることで、値段だけでなく、サービスの違いを見ることができるため、納得した業者選びがことができます。

まとめ

お部屋にカビが生えてしまう条件は、「湿度」「温度」「栄養」にあります。カビの掃除が毎回大変に感じる方は、この三点をとくに注意して、カビ対策をしましょう。

お家の中には、カビが発生しやすい場所がいくつか存在します。カビの発生しやすい場所に合わせた対策法をぜひ参考にしてみてください。

お部屋の湿度の管理が難しいと感じる方は、除湿機の使用もオススメです。除湿機は種類が豊富ですので、お家に合った除湿機を選ぶようにしましょう。

もし、何度もカビが発生してしまって困っている、手の届かない場所のカビ退治をしたいなどのお悩みがありましたら、一度プロに依頼してみるのもよいかもしれません。