布団のカビ防止対策はコレ!フローリングも布団もカビさせない予防法

布団のカビ防止対策はコレ!フローリングも布団もカビさせない予防法

 

「うわっ!布団がカビてる……」せっかくぐっすり眠ろうとしていたのに、布団にカビが生えていたら、体が休まりませんよね。日本は高温多湿で、カビが好む条件がそろっています。梅雨時期や夏場など、湿度や温度が高い時期には特に、布団にカビが生えることも。

日本の居住環境は、カビが生えやすいもの。しかし、布団にカビが生えてしまったら相当ショックです。私たちは日々ぐっすりと眠るために、何らかのカビ対策をしなければなりません。では布団カビ防止には、どのような対策をすればよいのでしょうか。

そこで今回は、布団のカビ対策についてまとめてみました。布団にカビが生えてしまった!2度と生やしたくない!という方は、ぜひご覧ください。

 

 

フローリングに布団を敷くとカビが生える理由

フローリングに布団を敷くと、カビが生えてしまうことがあります。なぜフローリングに布団を敷くと、カビが生えることがあるのでしょうか?

人は日中に汗をかきますが、寝ている間にも寝汗をかくのは誰しもが経験のあることでしょう。人は体温が下がるとぐっすり眠れるため、汗をかいて体を冷やそうとします。人が寝汗をかくのは、眠るためなのです。

敷布団やシーツが夜かいた寝汗を吸収するため、シーツや敷布団は水分が多い状態になります。人の体温がそこへ加われば、自然と湿度と温度が高い状態になります。ここに、カビが発生する好条件が出来上がるというわけです。

 

布団のカビ対策!今すぐできる湿気解消法

布団のカビ対策!今すぐできる湿気解消法

 

布団のカビを予防するには、どうしたらよいのでしょうか。こちらでは今すぐできる湿気解消法をご紹介します。布団のカビ対策をしたいという方は、ぜひお試しになってみてください。

 

布団を直置きせず、すのこを使って湿気を逃がす

布団カビ防止には、布団をフローリングに直置きしないことです。すのこを使って、その上に布団を敷きましょう。すのこを使うことで、布団とフローリングの間に空間が生まれます。それにより、布団にたまった湿気を空気中に逃がすことができます。

ただしすのこを敷いたからといって、布団とすのこを敷きっぱなしではいけません。フローリングと布団の間にはすき間ができましたが、すのこと布団の間は直接触れています。晴れた日には布団やすのこを干して、湿気を取り除きましょう。

 

吸湿シート、除湿マットなどを使う

吸湿シートや除湿マットを布団の下に敷いておくのも、布団カビ対策になります。吸湿シートは敷くだけで、寝汗による水分を布団から吸収してくれます。

除湿マットは吸湿シートに比べて厚手ですが、すのこのような通気性があります。すのこ同様、定期的に干すことで長く使えるでしょう。

 

布団やフローリングのカビ防止ポイントは「風通し」

布団やフローリングのカビ防止には、「風通し」を良くすることがポイントとなります。

 

すのこや吸湿シートを使うだけじゃダメ!

すのこや吸湿シートは、定期的に屋外干しするのが最も効果的となります。しかし、毎日すのこを上げたりその場でめくっておくだけでも大丈夫です。

それだけでも、十分布団のカビ対策には効果があります。毎日必ず布団とシートを裏返す、これを習慣にすることでカビは防げるのです。

 

フローリングはこまめに拭き掃除しよう

布団から発生したカビがフローリングにまで増殖したら、どうしたらよいのでしょうか。フローリングは、普段からこまめに拭き掃除をすることが肝心です。拭き掃除でカビの胞子を除去することで、カビの発生を抑えることができます。

念入りに掃除がしたい方には逆性石鹸がおすすめです。逆性石鹸とは、水と混ざると陽イオンとなるものです。普通の石鹸は、水と混ざると陰イオンとなるので、全く逆の性質を持っています。そのため、「逆性」石鹸と呼ばれるのです。

逆性石鹸はカビや細菌といった陰イオンを変化させ、殺菌していくのでカビ掃除に向いています。

 

結露対策をしっかりと

結露対策をしっかりとしておくことも、布団カビ防止になります。結露は暖房が効いた部屋の水蒸気が、窓辺の冷たいガラスによって冷やされ水となって起こります。

カビは、暖かな温度と高い湿度を好みます。壁紙や木材といった窓辺にあるものは、カビの格好のエサになるため、放っておくとどんどん増殖してしまいます。

部屋の空気が悪いなと気づいたら、すぐに換気をしましょう。室内の水蒸気の量が減れば、結露予防になります。湿気がこもりがちなクローゼットや押入れなども収納場所も、時々換気してあげることで衣服を守れます。

 

布団とフローリングのカビの取り方

布団とフローリングのカビの取り方

 

いったんついてしまった布団とフローリングのカビは、なかなかしつこいものです。どうしたら、このしつこいカビを取り除くことができるのでしょうか。

 

完全に除去するのは難しい布団のカビ…

布についたカビの根というものは、かなりやっかいです。特に敷布団は、家庭で丸洗いできません。一番確実なのは、プロにカビ取りを依頼することです。プロに頼めば布団の見た目が白くなるだけでなく、中綿の奥の菌やダニまでも徹底的に除菌してもらえます。

 

敷布団のカビ取り法

敷布団にカビがついてしまったら、家庭ではどのようにカビ取りをすればよいのでしょうか。ご自分でもできるカビ取りには、以下の方法があります。

 

●重曹で拭く

重曹と水を混ぜた重曹水をスプレー用ボトルに入れて、カビに噴射しましょう。数分そのままにした後、雑巾などで拭き取ります。その後、消毒用エタノールをかけ、数分したら拭き取り、水ぶきをしておきましょう。

 

●カビ除去スプレーを噴射

ホームセンターやインターネットで探すと、カビ除去スプレーが簡単に手に入ります。カビ除去スプレーはいったんカビの箇所に噴射しておけば、その後は拭かなくても大丈夫です。スプレーを噴射したら布団を部屋の外に出して、良く乾かしましょう。

 

布団カバーのカビ取り法

布団カバーは体と布団の間にあるので、カビが発生しやすくなります。布団カバーは白いため、カビが目立ちやすいもの。真っ白にするには、どうしたらよいのでしょうか。

 

●重曹で洗濯

敷布団と同じように、重曹を使うのが基本となります。まず表面にあるカビを、ウェットティッシュで拭き取ります。その後カビがある部分を、重曹水に数分つけておきます。

重曹水につけ終わったら、さらにエタノールに数分つけておきます。そしてティッシュやキッチンペーパーなどで拭き取り、水洗いをします。最後に普通に洗濯をして、終了です。

重曹は口に入れても大丈夫なもの。人にも環境にも優しいので、ご家庭での使用がしやすい掃除法です。

 

●塩素系漂白剤

塩素系の漂白剤は、シーツを白くしたい方におすすめです。効果は高いですが刺激も強力なので、気をつけて扱いましょう。塩素系漂白剤は、シーツの金具を劣化させることがありますので、金属のファスナーにはかからないようにしましょう。

50℃のお湯を張ったたらいなど浅めの容器に、塩素系漂白剤をスプーン3杯ほどを入れます。30分から1時間つけおきをして、カビが消えていたらすすいで完了です。手荒れを予防するため、手袋をして使いましょう。また塩素系を使う時は、必ず2箇所以上換気をすることも大切です。

 

フローリングのカビ取り法

フローリングのカビには、重曹は使わないようにしましょう。重曹はシンクなどをピカピカにしてくれる半面、フローリングのワックスをはがしてしまうことも。フローリングにおすすめのカビ対策をご紹介します。

 

まとめ

布団にカビが生えたら、夜にぐっすりと眠れなくなってしまいます。布団カビ対策には、ご自分でできるものがあります。

しかし中には、びっしりとついてしまってなかなか落ちない場合も。ご家庭でのカビ落としが難しいときは、迷わず業者に依頼しましょう。家庭ですることが難しい業者ならではのカビ対策をしてくれます。敷布団や布団カバーが綺麗になり、ぐっすり眠れるようになることを願っています。