部屋にカビを発生させないために日ごろからできる対策とアイテム紹介

部屋にカビを発生させないために日ごろからできる対策とアイテム紹介

 

梅雨などのジメジメした季節になると食品を襲ってくるカビ。そんなカビですが食品以外にもさまざまところで招かれざるお客様として繁殖しています。

カビが生えてしまった部屋は衛生面においてもよくないですし、お友達や本来呼びたいお客様の方を家に呼びづらい状況になってしまいます。

今回はそんなカビを根こそぎ退治するためにまずカビはどのようにして発生するのか?部屋のカビはどの場所にできやすいのか。そして部屋ごとのカビへの対応方法をご紹介させていただきます。

 

 

なぜ部屋にカビが発生?カビ発生の4つの条件

カビが発生する場所というのはジメジメした湿度の高いところだけではありません。まずは部屋にカビが発生する条件を知り、理解したところで部屋のカビへの対策を考えていきましょう。

 

温度

カビが発生しやすい温度は5℃~45℃で繁殖するといわれています。低い温度のカビは冷蔵庫などで冷蔵している商品に繁殖するカビがあり、カビの種類によって繁殖する温度が違います。

一般的には20℃を越えると繁殖しやすくなり、28℃前後の気温になると一番カビが繁殖しやすいといわれています。私たちの生活する気温と同じに近い感覚だといえます。

 

湿度

カビは水分がとても好きなのでジメジメしたところを好みます。

湿度が60%と越えると繁殖しやすくなり、80%を越えると繁殖する勢いは一気にあがります。また湿度が100%のところでも繁殖します。部屋の壁や窓が結露しているような状態、自分たちの生活で不快に感じる湿度になっていたら、それはカビが繁殖しやすい環境といえるでしょう。

 

栄養分

カビにとっての栄養分は部屋のホコリや一般的な汚れが栄養分になります。そしてカビはホコリや汚れ以外にも部屋のさまざまな部分が栄養分になってしまいます。

カビにとって栄養分になるところは以下のところになります。

 

・壁に塗料や接着剤が付着した部分

・ダニの死骸や石鹸の流し残した部分

・洗面所や風呂場などで皮脂が付着して残っている部分

・ビニールクロスや畳などの水分を溜めやすい素材

 

といった場所など広範囲に渡って、部屋の中でカビは栄養分をとっているのです。

 

酸素

カビも呼吸をしていますので酸素も必要になっていきます。反対に考え方を変えてみれば酸素がないとカビは繁殖しませんので脱酸素剤というのもカビから衣類を守る方法としてあったりします。

 

プロもやっている!部屋のカビ対策

プロもやっている!部屋のカビ対策

 

部屋にカビが発生する条件がわかったところで部屋のカビを取り除く方法を考えていきましょう。掃除のプロも実践している部屋のカビ対策を紹介させていただきます。

 

「対策1・掃除」カビのエサである栄養源をなくす

カビが繁殖するには温度・湿度・栄養分・酸素の4つが必要ですので、どれかひとつでも条件に合わなければカビは発生しません。ただこのカビが繁殖する要素のほとんどは私たちが生活するうえでも必要なものばかりです。

その中で部屋のカビ対策をしやすいのは「栄養分を絶つ」ことです。カビの主な栄養分はホコリや汚れ、皮脂などです。つまり普段から部屋を清潔に保っていれば湿度の高いところでもカビは生えにくくなっていきます。

部屋の中でも水分が多く換気が難しい、そして湿度も高い場所での浴室や水道回りの部分は、他の場所よりこまめに掃除するのが部屋のカビ対策のひとつになっていきます。

それ以外にも寝具に付着したダニの死骸からカビが繁殖したり、エアコンのフィルターのホコリをえさにカビが繁殖する場合もあります。寝具の天日干しやエアコンのフィルター掃除もこまめにしていくとよいでしょう。

 

「対策2・湿度」カビの好きなジメジメをなくす

カビが一番好きなのは水分でありジメジメしたところをとっても好みます。そういった湿度の高いところは空気の換気と除湿がしっかりできていれば部屋のカビは繁殖しにくくなります。そんな部屋のカビ対策を考えていきましょう。

まずリビングにおける部屋のカビへの対策ですが、梅雨の時期などの湿度が高い時はこまめに窓をあけ空気の入れ替えをする方法、扇風機や換気扇を回して部屋の換気を行う方法、除湿器やエアコンの除湿機能を使って部屋の湿度を下げる方法があります。

また壁や窓に結露している場合はこまめに拭き取り、水分が溜まっていない状態をこころがけてください。

リビング以外には寝室のベッドの部分もカビが発生しやすいところといえます。寝具に関してカビは除湿すれば対策できるのですが、冬場などの乾燥しやすい時期はノドを傷めたり風邪をひかないように加湿する場面が多いと思います。

そうすると今度はカビが繁殖しやすくなりますので、寝る時間以外のときを使って寝具の乾燥や寝室の空気の入れ替えをして湿度対策をしていきましょう。

そして一番湿度の高い部屋といえば浴室です。浴室に関して一番湿度が高い状態は風呂上りやシャワーを使ったあとです。お風呂やシャワーを使っている間はお湯を使っていますので、温度も湿度も上がってしまうのは仕方のないことです。ですがお風呂から上がったあとならば対策はとれると思います。

浴室から出る前に浴室内に残っている水滴をこまめに拭き取ったり、窓や換気扇を回すなどをして浴室内の温度や空気の換気を行う、こういうことをこまめに行えば浴室内でもカビは繁殖しにくくなります。

 

「対策3・換気」風の通りをよくしておく

部屋のカビの栄養分でメインとなるのが水とホコリです。

水が溜まる原因は湿度であり、ホコリが溜まる原因は風通しの悪さになります。また湿度が上がるのも風の通りが悪いことがあります。部屋の風の通りはカビの繁殖対策にとって大切なことになりますので、風通しを良くする方法を考えていきましょう。

リビングのところで風通しや除湿をするなら除湿器や扇風機を置くことですが、それを壁際に置くことによって逆にホコリがたまったりしていませんか?

部屋の中で電化製品やタンスなどの家具と壁との間にホコリが溜まる箇所は風通しが悪い箇所です。家具と壁との間にすき間をつくり風通しや掃除をしやすくしたり、家具の下にすのこを敷いたりしてすき間への風通しをよくするのも対策になります。

またタンスや押し入れ、本棚の中なども内部を詰めすぎて隙間をなくすと、風通しが悪くなりカビの繁殖の原因になります。

できるだけ風通しのよくなるように、すき間を作る収納をしていきましょう。クローゼットも同様に、風通しが悪くなるような詰め込み方は避けましょう。

 

カビが発生しやすい場所はある?カビが好む箇所とは

以前は部屋のカビが発生するといえば春から夏にかけての梅雨の時期だったのですが、エアコンなどの空調のおかげで部屋の中は夏でも冬でも快適に暮らせるようになり、カビも一年中繁殖できるようになっています。

部屋の中のカビを取り除くことが一年中必要になっている現代だからこそ、どのような部屋やその中でもどうのような箇所にカビが繁殖するのか知っておく必要があります。そんな部屋にカビが発生する場所はまとめると以下になります。

 

・水回り(キッチン、洗面所、浴室、トイレ)

・収納(下駄箱、タンス、本棚、クローゼット)

・家具と壁のすき間(電化製品、家具)

 

水回りと普段の掃除では、手の届きにくいところがカビの繁殖しやすい場所になります。定期的な清掃や手入れをすれば部屋のカビの対策ができ、キレイな部屋になっていくことでしょう。

 

カビ対策をしよう!すぐ手に入る便利アイテムをご紹介

カビ対策をしよう!すぐ手に入る便利アイテムをご紹介

 

除湿器

カビの原因となる湿度を下げるには除湿器が便利です。ただ除湿器といっても使用用途によっても機能や効果はさまざまです。

また除湿器には「コンプレッサー式」「デシカント式」「ハイブリット式」「ペルチェ式」というのがあります。各タイプの特徴は以下のとおりです。

 

・コンプレッサー式…梅雨や夏だけ使う人に向いています。

・デジカント式…稼働すると部屋の温度も上がるのが特徴で、冬場の使用に向いています。

・ハイブリット式…コンプレッサー式とデシカント式の特徴を兼ね備えており、一年中使用できます。

・ペルチェ式…除湿力は低いですが、コンパクトで静かなのが特徴です。下駄箱や押し入れなどの特定スペースの設置に向いています。

 

部屋の用途や広さ、季節や使用目的に応じた除湿器を選んでいくことがカビ対策につながっていくことでしょう。

 

除湿剤

下駄箱やタンス、クローゼットといった収納場所ならば除湿剤が便利になります。除湿剤も使用する場所や広さ、使用用途によってさまざまな種類があります。

 

・吊り下げタイプ…クローゼットに使用するタイプで防虫効果もあります。

・スリムタイプ…細長い形状で狭いすき間にも入るので、スペースのあまりない靴箱などに向いています。

・シートタイプ…タンスや衣装ケースに使用するのが向いています。

・タンクタイプ…スペースをとってしまいますが、除湿力が強くどの部屋でも使えるのが特徴です。

 

除湿剤の場合はスペースに対応したタイプを選んでいくのがコツになります。またタンクタイプの湿気を吸い取った後の水には、塩化カリウムが含まれていますので、処分する際に肌に付着させないよう注意してください。

 

重曹

除湿剤の代わりに役に立つのが重曹です。重曹には湿気だけでなく消臭効果もあります。使い方も湿気が気になる部屋の箇所に置いておくだけです。湿気を吸い取った重曹は固まりますので、重曹が固まったら新しい重曹を入れ替えましょう。固まった重曹は掃除用に再利用もできます。

 

部屋のカビの対策をしてもカビが生えちゃった…そんなときはプロのクリーニングで解決

湿気やホコリを気にしていても季節や場所によっては部屋のカビの繁殖するスピードに追い付けず部屋にカビが生えてしまうことがあります。

そういった時は一度クリーニングの業者に相談してみてはいかがでしょうか?部屋のカビ取りのプロである業者の人ならカビの繁殖している部分を根こそぎ除去してくれたり、また対処法やカビの繁殖を予防する方法を教えてもらえるかもしれません。

専門家の知識と経験はとても役に立ちますので業者の人に依頼してみてください。

 

まとめ

カビといえば湿度、水回りという印象です、それ以外にも気温やホコリ・ゴミの栄養分、酸素も関わってきます。

生活の中で当たり前のようですが、原因を知ることによってより的確な対策や予防方法が見つかりますので、この知識を活かして今後の部屋のカビ取り対策、カビ予防をしていきましょう。