お風呂のふたにカビが生えない!?簡単なふた掃除法とカビ予防のコツ

お風呂のふたにカビが生えない!?簡単なふた掃除法とカビ予防のコツ

 

お風呂のふたに、黒い色のカビがびっしり生えていたら……。そんな光景は考えただけで、ゾッとしてしまうものです。毎日入るお風呂ですから、衛生的に保ちたいもの。カビなんて生やすのは絶対に嫌!と思われる方も多いことでしょう。

いったん生えたまま放っておくと、どんどん広がるお風呂のふたのカビ。お風呂に入るたびに、気になるものです。「ふたのカビを早くキレイにしたいけど、普段はなかなか掃除をする時間が取れない、そんな気力がない……。何か簡単にできるカビの掃除方法はないだろうか。」

今回はそんなお悩みを抱える方のために、お風呂のふたがカビないための方法をご紹介します。お風呂に入るたびに、ふたの黒カビの色が気になっている……という方はこの記事をご覧になってください。ぜひ今回ご紹介する方法を、今日のお風呂掃除から取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

つけ置きでスルッと簡単、お風呂のふたのカビ落とし

お風呂のカビ取りはスポンジでごしごしこすらなければいけないと、思ってはいませんか。実はお風呂の残り湯につけ置きしておくだけで、お風呂のふたのカビがスルっと落ちる方法があるのです。とても簡単にできるこのカビ取り方法、ぜひお試しになってみてください。

 

浴槽につけ置きで、ふたのカビを取る方法

浴槽の残り湯を使えば、簡単にふたのカビを取ることができます。お風呂の残り湯に、お風呂用の洗剤を入れます。その中にお風呂のふたを入れて翌日までつけ置きしておきましょう。翌日、ふたと浴槽をブラシで洗い流せば終了です。

 

ふた専用ブラシが便利

お風呂のふたは蛇腹になっていて凹凸があるため、普通のスポンジやお風呂用のブラシではうまく汚れが落とせないことも多いもの。そこで役立つのが、お風呂のふた専用ブラシです。

お風呂のふたは蛇腹になっているので、普通のブラシで洗うにはなかなか難しいものがあります。しかし、蛇腹でも汚れが取れるような細かなギザギザがついているブラシなら、キレイにカビが落とせるのです。100円ショップやインターネットなどで手に入るので、このような商品を使うと掃除が楽になります。

 

カビ落としスプレーで今すぐキレイにするコツ

カビ落としスプレーで今すぐキレイにするコツ

 

カビをすぐに落としたいなら、何といっても塩素系漂白剤が効果的です。塩素系のカビ落としスプレーは効果が強いので、すぐにカビをキレイにすることができます。

 

スプレーの効果を発揮するには、ふたを乾燥させてから 

カビ取りスプレーの効果をより発揮するには、乾燥した状態の箇所に吹きかけることが大切です。お風呂のふた自体が濡れていると、効果が高いはずの塩素系漂白剤が薄まってしまいます。

十分に効果を発揮させるために、お風呂上りに使用するバスタオルなどでふたについた水分を拭いてからおこないましょう。

 

カビ落としスプレーでふたを掃除する手順

1.お風呂場と、その周辺の窓を開けておきます。お風呂場に窓がない場合は、換気扇を必ず回しておきましょう。

2.よく拭いたふたのカビが生えている場所に、塩素系漂白剤を適量かけます。カビが生えていると、その場所に洗剤をたくさんかけなければカビが取れない、と思ってしまうかもしれません。しかし塩素系漂白剤は空気に触れるだけで効果があります。ですからそんなに大量にかけなくても大丈夫です。

3.何も触らずに、数分そのまま置いておきます。絶対に、ブラシなどでゴシゴシこすらないようにしましょう。ふたに傷がついて、その間にカビが入りやすくなってしまいます。数分経ったら、よく水で泡を落とします。その後、中性洗剤があればスプレーして汚れをスポンジなどで完全に洗い落としましょう。

4.水で中性洗剤を洗い流せば、終了です。終わったらふたを屋外に出して、乾燥させましょう。屋外に出すのが難しい方は、お風呂場の換気扇を回して十分に乾かします。

必ず2ヶ所以上換気をして、手袋をして行いましょう。目に洗剤が入らないように気をつけ、それでも目に刺激を感じるという方はメガネやゴーグルをするとよいでしょう。

 

お風呂のふたのカビは重曹でもよく落ちる

塩素系漂白剤は強力なカビ取り力があり、スピーディーにカビ掃除をするには持ってこいです。しかし塩素系のように強いタイプは刺激があり過ぎて怖い、という方もやはりいらっしゃるでしょう。

そんな方は、ナチュラルタイプの洗剤を使いましょう。おすすめなのは、重曹です。重曹を粉末のままふたにかけ、スポンジでこすり洗いをします。その後、水で流せば完了です。

研磨作用のある重曹を使えば、塩素系が苦手な方でも安心してカビ掃除ができます。塩素系には必須の手袋や何か所もの換気、メガネやゴーグルも要らないので、手間がかかりません。手軽に試せる自然派の洗剤、重曹をぜひお試しになってはいかがでしょうか。

 

お風呂のふたがカビない予防策と、使える便利アイテム

お風呂のふたがカビない予防策と、使える便利アイテム

 

お風呂のふたを2度とカビさせたくない!実はそんな方におすすめの予防策と、使える便利アイテムがあります。

 

お風呂のふたがカビるのを防ぐには

基本的なことではありますが、カビを防ぐには十分乾燥させることが大切です。お風呂に入るたびに、洗剤を使った掃除をするのはなかなか手間がかかるものです。そんな時は、乾燥だけでもさせておきましょう。

おすすめなのはお風呂で使ったバスタオルで、そのまま浴槽やふたの水分を拭いておくこと。その後必ずよく浴室を換気して、浴槽やお風呂のふたを十分に乾燥させておきましょう。

 

風呂ふた用のスタンドを使う

風呂ふた用のスタンドがあるのをご存じでしょうか?お風呂のふたをたたんで収納できるものです。蛇腹になっているふたをコンパクトに折りたためるため、かさばらず収納できて便利です。お風呂のふた用のスタンドは、インターネットなどで購入することができます。

 

ふたをカビにくいタイプに替える

お風呂のふたには、主に3種類があります。

【シャッター式】

よく家庭で見られる、一般的なタイプです。蛇腹になっており、ぐるぐる巻きあがるようになっています。従来からあるタイプなので、馴染みのあるふたではないでしょうか。しかしこのタイプのふたは凹凸があるので、そのすき間に水分がたまりやすいもの。そこにカビが発生しやすいのが、デメリットです。

 

【折りたたみ式】

折りたたみ式は1枚のふたですが、いくつか折り目があって、折り紙のようにたたむことができます。収納しやすいので使いやすく、価格も安いため人気です。

 

【組み合わせ式】

組み合わせ式は2~3枚のふたを並べるだけの、簡単なものです。ふたが何枚もあるので、やや収納に不便ではあります。しかし保温性が良く、カビにくいので人気の商品です。

 

お風呂のふたには、抗菌や防カビ仕様になっているふたもあります。防カビ効果のある銀イオンを使ったふたは、人気の高い商品です。また組み合わせ式のふたにすれば、凹凸がないのでお手入れも簡単になります。

 

まとめ

今回はお風呂のふたがカビないようにするにはどうすればよいのかに焦点を当て、様々な方法をご紹介してきました。カビは乾燥を嫌うため、普段からふたをよく乾燥させておくことが大切です。

またご自分ではなかなか時間が取れずにお風呂の掃除が難しい、また徹底的にきれいにしたいとお思いなら、カビ掃除のプロに依頼することもおすすめです。プロに依頼すると一般家庭では使わないような専用の洗剤や用具を使って、カビの根までしっかり除去してくれます。

この機会にプロの仕事を見ておくと、普段の掃除の勉強になります。あとはキープするだけなので、掃除がかなり楽になるでしょう。カビは早めに掃除をしておかないと、どんどん増えて浴室自体が汚くなってしまいます。早めにキレイにしたいのであれば、プロに依頼することも1つの方法でしょう。