エアコンのカビ掃除は自分でできる?掃除と防カビでお部屋が快適に!

エアコンのカビ掃除は自分でできる?掃除と防カビでお部屋が快適に!

 

「あれ、なんだかカビ臭い…?」

エアコンをつけて、臭いが気になることありませんか?久しぶりに掃除でもしようかな、とエアコンのパネルを開くとホコリがビッシリ。よく見たらカビも生えている、なんていうこともあるでしょう。

私たちの体や住まいに大きな影響を及ぼすカビ。カビの繁殖能力は非常に高く、私たちが気づかないうちに増殖していきます。特にエアコンの内部は、風通しが悪く湿気が溜まりがち。カビの温床になっていることが多いのです。悪臭などの異変に気付いたら、早めの対処をおすすめします。

「そうは言っても、掃除のやり方が分からない。」「エアコンの掃除をする時間が惜しい。」「体に悪いっていうけど、どんな影響があるの?」さまざまな疑問が浮かんできますよね。

この記事では、エアコン内の掃除方法のほか、カビ発生の原因、カビが起こすトラブルについてご説明します。また、エアコン内をカビの生えない状態に保つためにはどうすれば良いかもご紹介しますね。ぜひ、お役立てください!

 

 

エアコンに見える黒いポツポツ…黒カビ発生!エアコンの掃除方法

まずこの項目では、一般的なタイプのエアコンのお掃除方法についてお知らせします。

エアコンと一言で言っても、その形態は多種多様です。エアコンのお掃除に少しでも不安を感じた方、お持ちの機種が特殊なタイプの方は、お掃除業者に依頼することをおすすめします。

 

【カビやすい箇所その1】フィルター掃除

エアコンの中で比較的簡単に掃除できるのがフィルターです。簡単だからといって、おろそかになりがちな部分でもあります。臭いやカビが気になるときは、いつもより念入りにお手入れしましょう。

 

1、前面のカバーを開け、掃除機で軽くホコリを取り除きます。

2、細かいホコリが落ちないよう、慎重にお風呂場まで持っていきます。

3、水またはぬるま湯で残った汚れを流していきます。水をかける際は目詰まりしないよう、裏側からかけるようにしましょう。

4、軽く拭いて、風通しのよい場所で乾かします。

 

以上で終わりです。頑固な汚れがあるときは、食器用洗剤などを使ってブラシでこすると落ちやすくなりますよ!

 

【カビやすい箇所その2】フィンの掃除方法

フィルターよりも少し手間取るのが冷却フィンです。エアコン内部のお掃除となりますので、感電しないようにコンセントから抜くか、ブレーカーを落としてから作業をしてください。

また、排水が垂れてもいいように床にはブルーシートを敷いておきます。電装部分がむき出しになっている際はビニールやテープでしっかり保護をしましょう。

 

1、ブラシ付きの掃除機をお持ちの方は、掃除機でゴミを吸い出してください。

お掃除する際は無理な力を加えないよう注意してください。フィンはエアコンの能力を左右する部分ですので、曲がったりしてしまうと能力低下や故障の原因につながります。ブラシがない方は直接2に進みましょう。

 

2、エアコン専用のクリーナー、または家庭用の高圧洗浄機をフィンに吹きかけていきます。

フィンの向きに沿って、丁寧に洗浄してください。

 

【カビやすい箇所その3】ファンの掃除方法

続いて、フィンのさらに内側にあるファンのお掃除です。こちらはホースで排水されないので、しっかりと下準備をしましょう。

 

1、見えているファンの部分に、専用の洗浄スプレーを吹きかけてください。

このファンの部分は回転させることができますので、ぐるりと一回転するまで散布しましょう。

 

2、細かい汚れや頑固な汚れは、小さなスポンジや歯ブラシで落としていってください。

根気がいる作業ですが、このひと手間を加えることによって仕上がりが変わってきます。入念にお掃除していきましょう。

 

3、専用の洗浄剤、または霧吹きの水で洗い流します。

 

4、雑巾などで拭いて、乾燥するのを待ちます。

垂れてくる洗浄液がなくなったら、エアコンの電源を入れて送風にして2時間ほど乾燥させれば終了です。

 

なぜエアコンにはカビが発生するの?主な3つの原因について

なぜエアコンにはカビが発生するの?主な3つの原因について

 

エアコンのお掃除方法はわかりました。しかし、そもそもなぜカビが発生するのでしょうか。カビにとっての好条件の環境とは?それは、主に3つの原因があるといわれています。

 

【原因1】温度

カビは5~35度で発生します。一般的に、冬はどんなに寒くても室温が10度以下になることはありませんし、夏は30度前後になる日も多くあります。

つまり、人間が生活しやすい環境は、カビにとっても好条件な場所だと言えるでしょう。特に、室温が20~30度の間で湿度が高い場合は大量に増殖すると言われています。気温が上がり始める梅雨時には気をつけなければいけませんね。

 

【原因2】湿度

カビは80%以上の湿度で発生します。一般的な家の湿度が80%以上になることは滅多にありませんが、空気の入りにくい場所は要注意です。

エアコンの内部は風通しが悪く、湿気が溜まりがちです。さらに夏は冷房をつけることによって結露が発生し、湿度が上がりやすくなります。暖房を利用する際にも外気温と室内の温度差によっては水分が発生することもありますので、冬だからといって安心することはできません。

 

【原因3】栄養

カビの栄養となるもの、それは汚れです。

エアコンフィルターを見ると分かるように、小まめにお掃除していても気づけばホコリが溜まっている…なんてこと、ありますよね。このように積もり積もったホコリや汚れを栄養分として、カビは繁殖していきます。

また、カビは無機物や鉱物さえも栄養にすることができると言われています。身の回りにあるものほぼ全てがカビの苗床になる可能性があると思うと、恐ろしいですね。

 

エアコンのカビは悪影響!どんな恐ろしいことが待っている?

カビの繁殖能力の高さはお分かりいただけたかと思います。では、実際にカビを放置してしまうとどのような影響があるのでしょう。

カビが原因のトラブルとして、代表的なものを挙げていきます。

 

・鼻炎

・咳、息切れ

・皮膚のトラブル

 

主にアレルギー反応とされている症状です。特に呼吸器系のトラブルはエアコン内のカビの胞子が原因となり、引き起こされることが多いようです。

ただの咳と侮ってはいけません。長期間続けば、どんどん体力が削られて衰弱してしまいます。体力が落ちると免疫力が下がり、もっと大きな病気にかかってしまう可能性もあります。久しぶりにエアコンを運転したら息苦しくなった、鼻水が出てきたという方は要注意です。

またエアコンのカビを放置してしまうと、その風を利用してカビの胞子が部屋中に飛散してしまいます。そうするとエアコン以外の場所でもカビが繁殖し、更に多くの胞子が空気中に漂うことになるでしょう。

今は健康的に過ごせていても、継続的にカビの胞子を吸い続けることによって、ある日突然症状があらわれることもあります。アレルギー体質ではなくても、十分気をつけなければならないのです。

 

【カビ予防】エアコンにカビを発生させない3つのポイント

【カビ予防】エアコンにカビを発生させない3つのポイント

 

それでは続いて、カビの繁殖を抑える方法をお教えします。せっかくお掃除したのに気づけばまたカビが…などということは避けたいところです。

日頃から以下のことに気をつけていれば、エアコンをキレイに使うことができるでしょう。

 

エアコン内部を乾燥させる

前項目でもご説明したとおり、冷房や室内外の気温差から影響を受けて、エアコン内に結露が発生してしまいます。カビの発生を防ぐには、送風機能を使ってエアコン内を乾燥させることが重要です。

運転時間は30分から1時間と、少々長めにつけておくとよいでしょう。十分にエアコン内部を乾燥させることで、カビの発生と増殖を防ぐことができます。

 

こまめな換気をする

カビの栄養源となるホコリ。このホコリを溜め込まないこともカビ予防と言えるでしょう。小まめに窓を開ける、あるいは換気扇を回して汚れた空気を外に出すようにしてください。

特に天気が良い日の換気はおすすめです。空気を入れ替えることによって、室内の湿度を下げることができます。

 

湿度対策を心がける

エアコンは室内の空気を吸い込んで冷風に変換し、排出しています。なので、室内の湿度にも気を配る必要があります。

料理中は換気扇を回して蒸気を逃がす、換気の際は扇風機を上手に使い空気を逃がすなどの湿度対策を心がけるようにしましょう。

 

エアコン掃除はプロにおまかせ!防カビ抗菌でキレイ長持ち

日頃から気をつけていれば、カビの発生を抑えられたり繁殖範囲を狭められたりできます。ですがエアコンのお掃除は重労働ですし、時間もかかります。

「エアコンのお掃除を自分でするのは面倒だ」

「自分で掃除する時間がない。」

「自分で内部を掃除して、もし故障してしまったらどうしよう。」

こんな方には、プロに依頼されることをおすすめします。

 

エアコン掃除をするとこんなメリットが!

プロに頼むと、どんな良いことがあるのでしょうか。せっかくお金を払うなら、きちんとメリットを知っておきたいですよね。プロのお掃除屋さんに頼むと、以下のようなことが期待できます。

 

●電気代の節約になる

フィルターの目づまりをはじめ、エアコン内の汚れが余計な電力消費の原因となります。プロに掃除依頼することによって、通常では手が届かない部分もキレイになり、節電の効果が期待できるでしょう。

 

●アレルギーなどの改善、または予防につながる

カビの胞子が原因で引き起こされるアレルギー反応も、お掃除することで軽減されることがあります。また、今は発症していない人でも、花粉症と同じで積もり積もって免疫に影響を与える可能性も少なくありません。

カビの対策をすることによって、将来のアレルギー発症を予防することができるのです。

 

●エアコンの気になる臭いが無くなる

エアコン内のカビを除去することによって、カビ臭さがなくなります。また、カビ以外の臭いの原因にも効果的です。

食品の臭いや、料理の際に発生した油分を含んだ空気。そういった蓄積された臭いも、プロのエアコンクリーニングによって軽減されます。

 

防カビコーティングでカビの発生を抑える!

プロにお願いしてキレイになったエアコン。しかし、長時間使っているとまた新たなカビが発生してしまいます。仕方のないことではありますが、なんだかもったいないですよね。出来ることなら、キレイな状態をなるべく長い間維持したい。そう考えるのも無理はありません。

そこでおすすめしたいのが防カビコーティングです。防カビコーティングをするとカビはもちろん、カビ以外の小さな菌の繁殖も防いでくれます。

その他にも、防臭・消臭の効果があるものや、防汚効果も期待できます。せっかくプロの手でキレイにしてもらうのであれば、お掃除と同時に防カビコーティングも施して、より清潔な状態を保てるようにするのもよいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はエアコン内部のカビについて取り上げました。

カビは不快な臭いだけではなく、さまざまな健康被害を引き起こす要因にもなります。カビの発生と増殖を防ぐためにも、年に一度はエアコンのお掃除をすることをおすすめします。

また、気をつけていればカビの繁殖を抑えることができます。日頃から室内環境に気を配り、健康的で快適な空間を保ちましょう。