ユニットバスのカビ対策を実践しよう!快適なバスライフを送るために

ユニットバスのカビ対策を実践しよう!快適なバスライフを送るために

 

一人暮らしのお家で多い形態の、ユニットバス。1つの空間にトイレとお風呂・洗面台などが組み合わさったつくりのことです。それら3つの要素が1つに集まっていることで、家賃がお値打ちに設定されることが多いのはうれしいですよね。

しかし、悪い点もあるようです。やはりシャワーなどがあるため湿気がとどまりやすく、カビが生えやすいです。また、お風呂やトイレが1つに集まっていることで掃除がしやすいように思えますが、実際にはその反対で、湿気が多いお風呂にトイレと洗面台が密着しているので、壁や床など広範囲にわたってカビが生える可能性が高いです。

1つの空間にある以上、一部分にカビが発生してしまったらあっという間にカビが繁殖してしまいます。今回は、そんなユニットバスのカビ取りの掃除方法・対策の仕方についてお話したいと思います。

 

 

ユニットバスのカビ対策に効果アリ!日頃からできること

ユニットバスでとくに発生しやすいのは黒カビです。カビはお風呂の壁にこびりついているのをよく見かけますが実は空気中にも浮遊します。胞子を飛ばして繁殖しようとするのです。黒カビを放っておくと体内に吸い込んでしまい、人体に害を及ぼします。

黒カビによる健康被害をおさえるには、掃除とカビ対策をすることが大切です。日頃からできる対策のポイントをお伝えします。

 

浴室の換気扇は回しっぱなしで湿気をためない!

カビの原因は湿気です。カビの発生は湿度と温度が大きく影響しています。浴槽にお湯が張ったままになっていませんか?もし、そのまま放置されているならすぐに改善しましょう。できるだけ高温多湿な環境にならないように気をつけなければなりません。

この問題を取り除くことが先決ですので、浴室の換気扇は24時間365日つけっぱなしにするぐらいがベストかもしれません。「つけっぱなしなんて電気代もかかりそう」と思われるかもしれません。しかし、1か月分に換算しても数百円ほどしか変わらないようです。

「ユニットバスについている換気扇は小さいのに効果あるの?」と思われる方も少なくないと思います。換気扇は、小さくても役割をきちんと果たしています。湿気を外に出してあげることによって、カビの原因の1つを排除することが大切です。

 

浴室に銀製品を置いて細菌の活動をおさえる!

CMなどで、「銀イオン(Ag)含有」などといった謳い文句を見聞きしたことはありませんか?銀イオンは除菌効果が高く、カビなどの細菌の繁殖を止めるのに役立ちます。

浴室に銀製品などを置く、排水溝にアルミホイルを丸めたものをおいてみるなど、ちょっとした方法でも銀イオン効果が期待できます。ヌメリなども予防できるかもしれません。

また、銀イオン含有の防カビくん煙剤も有効です。銀イオンを含んだ煙が天井などにも付着しカビの原因菌を除菌してくれますので、お試しいただくのもよいかと思います。

 

ユニットバスのカビ予防を強化!定期的におこなうとよいこと

ユニットバスのカビ予防を強化!定期的におこなうとよいこと

 

ユニットバスのカビ予防として、定期的に掃除はもちろん大切です。ここでは、掃除にプラスしておこなうとなおよい対策方法をご紹介します。

 

週に一回のペースで、お風呂全体に50度の熱湯をかける

カビが活動できなくなる50℃の熱いお湯をこの期間内で定期的にかけると、成長をおさえ根が張ることを防ぎます。

カビの成長期間は、7~10日といわれていますので、週に1度の頻度でお湯をかけて、成長前にカビを予防しましょう。熱いお湯をかけることによって、カビを予防することができるなら、かかさずおこないたいですね。

お風呂からあがる前にかけるなど、ついでにできてしまうので、お手軽におこなうことができますね。

 

ひと月に一回のペースで、天井の掃除をする

天井もきちんと掃除をしましょう。見落としがちな場所ではありますが、カビは浮遊して天井に根を張ります。そのカビを放置してしまうと、お風呂全体にカビを繁殖させることになりますので、定期的に天井掃除をおこないましょう。

天井掃除は手が届きにくく大変ですが、柄が伸びるスティックブラシなどに雑巾やペーパーなどに薬剤を含ませ、塗布してください。その際、液が垂れ落ちる可能性があるので、服に薬剤がついてしまわないようにエプロンなどをし、自身が一歩下がった位置から始めることをおすすめします。

天井掃除をおこなったら天井もアルコールなどで塗布をすると除菌効果があり、さらなるカビの発生をおさえる効果がのぞめます。カビを発生しにくくするには、定期的な掃除と予防が大切です。この方法を試してみるのも価値があると思います。

 

ユニットバスにカビが生えた…!完璧な落とし方をマスター!

では、ユニットバスのカビを掃除していきましょう!カビを落とすには、いくつかのポイントがあります。効果的にカビを落とすための手順をお伝えします。

 

ユニットバスのカビ取りに効く洗剤の種類

お風呂のカビ取り用洗剤には、漂白力のある「塩素系漂白剤」と「酸素系漂白剤」があります。落ちない頑固なカビには、効果が高い「塩素系漂白剤」がおすすめです。

 

【ユニットバスのカビの落とし方】

1.まず、シャワーカーテンなどがついていたら外しておき、浴槽に付着しているカビ以外の皮脂や石鹸カスなどの汚れを軽く流し取り除きましょう。

2.カビが生えている箇所の水気を雑巾などで拭き取り、よく乾かしてください。水気があるとカビ取り剤の効果が発揮できないので、水気は取りましょう。

3.カビに洗剤を噴射し、そこにサランラップで薬剤をパックするような感覚で貼り、10分間置いておきます。パックすることによって薬剤を浸透させカビの根にまで届かせます。

4.サランラップを外し、スポンジなどでこすり洗いをし、水で十分に薬品を完全に洗い流しましょう。

 

塩素系漂白剤を使用する際の注意点

塩素系漂白剤は、使い方を誤ると場合によっては命にかかわることもある危険な薬剤ですので、慎重に取り扱わなければなりません。仮に目に入った場合は、失明する恐れもあります。塩素系漂白剤を使用する際には、以下のことを守りましょう。

 

【換気をすること】

〇エプロン・ゴム手袋・メガネ・マスクを着用すること

〇ほかの洗剤と混ざると有毒ガスが発生する恐れがありますので、必ず単独で使うこと

〇万が一、肌などに薬剤がついてしまったときにはすぐに水で洗い流すこと

 

また、塩素系漂白剤の独特の鼻をつくにおいなどが苦手な方には、塩素臭のない酸素系漂白剤をおすすめします。塩素系に比べるとやはり除菌力や漂白力の効果は少ないですが、それでも使用しないより除菌効果が期待できます。

また、酸素系漂白剤に少量の重曹を加えて手作り洗剤をつくることもできます。ぬるま湯で練り上げるのですが、お湯の温度は、酸素系漂白剤の効果が発揮される40℃ぐらいがベストです。

 

どうやってもカビが落ちない…!そんなときはどうするべき?

どうやってもカビが落ちない…!そんなときはどうするべき?

 

カビは一度こびりつくとしつこく、なかなか取れません。「一通り自分でできることはやってみたけれど、ユニットバスのカビが落ちない……」と気を落としてしまうこともありますよね。そんなときはプロの力をお借りすれば、高い効果を期待できます。

 

プロにカビ取りを依頼してみる

自分でできるカビ対策方法は限られているのが現状です。家で用意できるもので掃除をしても、完全にはカビを除去しきれないことも少なくありません。そんなときは、業者にお願いするのがおすすめです。

業者に依頼するとカビ取りだけでなく、クリーニングやいろいろな汚れ・カビ取り施術や対策なども併せて依頼可能です。プロには知識と高い技術があるので、お任せすると安心ですね。

たくさんの業者がありますので、比較サイトなどを利用する、何社からか相見積りを取るなどして比べてみましょう。ご自身の希望とご予算に合わせて選ぶとよいでしょう。

 

防カビコーティングをして、カビの悩みを解消!

業者にお願いできる策のひとつとして、防カビコーティングもあります。フッ素系樹脂を浴室内に塗布することで、カビを発生させないようにする仕組みです。効果の持続時間は3ヶ月~1年くらいといわれています。

こういった対策は自分ではできないのでプロにお任せします。時間や労力を使わず、カビのない快適な環境を手にすることができるでしょう。

 

まとめ

ユニットバスのカビ取り掃除方法・対策の仕方がおわかりいただけたでしょうか?
日頃からこまめに掃除をしておくことで、まとめて大掃除をする必要がなくなり、結果的に掃除にかける時間や手間を省けることになります。

こまめに換気をしたりカビが嫌う環境を心がけたりといったように、日々対策をしておくとよいでしょう。そして、定期的にメンテナンスをおこなうことも大切です。今後の健康のためにも、ユニットバスのカビとは無縁で清潔な空間を保ち、快適に生活していきたいですね。