お風呂の防カビ対策していますか?予防と防カビ剤でカビを徹底排除

お風呂の防カビ対策していますか?予防と防カビ剤でカビを徹底排除

 

毎日の癒し空間であるお風呂。毎日何時間もかけて、ゆっくりとバスタイムを楽しむかたから、ササッとシャワーで汚れを落とすだけの人まで。使いかたはそれぞれですが、日常生活で欠かせない場所であることは確かでしょう。

そんなお風呂場の大敵が、天井や壁に増殖するカビです。カビは目立った害はありませんが、お風呂場の外観を損なったり、そもそもカビが気持ち悪いと感じたりするかたも多いでしょう。

今回は、お風呂場の大敵、カビを防ぐための方法を紹介します。カビがお風呂場にばかり増える原因や、毎日できる簡単な予防の方法。市販の薬を使った、少し本格的なお風呂の防カビ対策まで解説します。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

お風呂にカビが生える理由…それは好条件だからです

カビの生える場所といわれたら真っ先に思い浮かぶのは、そう「お風呂場」ですよね。1日のなかの癒しの時間であるお風呂タイム。でもそんなお風呂場にカビがたくさん生えていたら、くつろぐのは難しいでしょう。この事態を防ぐためにもお風呂の防カビは必須です。

しかし、なぜカビは他の場所ではなくお風呂場にばかり増えるのでしょうか?そこにはカビのもつある特性が関係しています。

 

なぜお風呂にはカビが生えるの?

カビが好む環境は「暖かい場所」「水分がある場所」「栄養のある場所」です。この3点が揃うとカビは爆発的に成長、増殖します。そして、これらの要素がバッチリ揃うのが、なにを隠そうお風呂場なんです。

カビが好む温度は約20~30℃。湿度は約70%以上、そしてカビの栄養源になるのは私たちの身体から出た「汚れ」です。つまり、お風呂場はカビにとっては格好のパラダイス。これ以上はない、カビにとっては楽園といえる好条件が揃っているのです。

 

風呂場のカビといえば…赤カビ黒カビ

お風呂場で見かけるカビは大きくわけて2種類。「赤カビ」と「黒カビ」です。

まずは赤カビですが、赤カビは厳密にいえばカビではなく、酵母菌の1種です。赤カビ自体は人間に対して害はありません。赤カビは湿気をとても好み、通常のカビに比べても繁殖のスピードはすさまじく早く、2〜3日あれば増えてしまいます。

赤カビが繁殖する場所は主に水回りです。また、お風呂場以外にも洗面台や冷蔵庫の製氷タンクにも現れます。

次に黒カビです。お風呂場の黒カビはカビから伸びた「菌糸」という細い糸が重なり合って、目に見えるくらいにまで成長したものです。黒カビは浴室の外観も損ねることから、できれば発生させたくないところでしょう。

黒カビも、赤カビ同様に湿気が大好物なカビの1種です。湿気や汚れのある環境で爆発的に成長、増殖します。また、お風呂場以外にも結露した窓や、エアコンの内部などに現れることもあります。

 

お風呂のカビは予防ができる!原因をできるだけ排除しよう

お風呂のカビは予防ができる!原因をできるだけ排除しよう

 

お風呂場のカビを防止するためには、日頃からできるちょっとした心がけが大切です。ここでは、お風呂場の防カビ効果を高める簡単な方法をご紹介します。

 

【1】浴槽のフタはしめましょう

お風呂に入ったあと、浴槽のフタを開けっぱなしにしていませんか?浴槽にフタをせずに開けたままにしておくと、湿気がこもりカビの繁殖しやすい状態になってしまいます。入浴中以外は浴槽のフタを閉めることで、防カビ効果を高めることができるでしょう。

 

【2】熱めのお湯で流しましょう

壁に付いた水滴は、カビにとって最高の場所のひとつです。冷えた水滴は蒸発もしづらく長い間浴室の湿度を高く保つ原因になります。これを防ぐためには、入浴後に熱いお湯で壁やまわりを流しましょう。熱いお湯は蒸発を促し、防カビに役立ちます。

ちなみに冷たい水はNGです。その理由は蒸発しづらいから。かけるときは必ず熱いお湯でおこないましょう。

 

【3】しっかり換気をしましょう

お風呂場を使ったあと、しっかりと換気はしていますか?閉めきった空間には湿気や熱気がこもり、カビの増殖を助けます。入浴やシャワーの後は、必ず換気をするようにしましょう。換気扇や窓を併用するのが効果的です。

 

【4】週に1度は洗剤で掃除をしましょう

お風呂場のカビ、とくに黒カビの発生源は天井です。天井からばらまかれた黒カビの胞子が壁や床に付着し、増殖、黒カビを生み出します。そのため、カビを防ぐなら天井から攻めるのが最良の方法です。週にいちどは、洗剤とスポンジでゴシゴシこすりましょう。

 

【5】お風呂の椅子はアルミ製がおすすめ

お風呂場の椅子もカビの格好の住みかになります。お風呂場の椅子には、カビないアルミ製のものを選ぶのがポイント。アルミ製のものはカビが比較的付きにくいです。

 

防カビ剤を使用。クリーンなお風呂で気分もよし!

お風呂場にカビができないようにするのなら、お風呂場に防カビ剤を使うのもオススメです。防カビ剤はカビが増殖する前に使うもので、カビの発生や増殖を防ぐことができます。

 

天井のカビにもご注意を!拭き取り掃除で防カビ効果アップ

黒カビの発生源の天井。風呂場のカビを防ぐなら、天井へのカビ対策は欠かせません。天井にへばりついたカビを潰すには、拭き取り掃除が効果的です。手軽な防カビ対策として、天井の拭き取りは最も有効な手段です。

 

くん煙タイプなら小物もカビ防止できる

もっと本格的に防カビ対策をするのなら、市販の防カビ剤を使うのもよいでしょう。浴室用の防カビ剤は、使うと煙を立て、部屋全体に広がり、隅から隅まで防カビ効果を広げます。また、なかが濡れていても使えますし、小物を置いたままでもオーケーです。

くん煙タイプの防カビ剤は、水を専用の容器に入れて、浴室のなかに置き、1時間~2時間ほど閉めきって放置します。時間が経過したら、充分な換気をすれば作業は終了。自宅でも手軽にできて、天井を含めた浴室全体に使えるのでとても便利です。

 

椅子やタオルも防カビできる

こうした防カビ剤は、浴室で使う椅子やタオルにも使えるのが大きなポイントです。わざわざ細かい部分まで掃除をして、手入れをするのは骨が折れますよね。くん煙タイプの防カビ剤は、その点とてもラクラクです。

注意点としては、なかに置いておいた小物を使う前には必ず水でしっかりとすすいでから使うようにしましょう。また、使用方法はそれぞれのメーカーにより異なることもあります、必ず取扱い方法を確認してからおこなうようにしてください。

 

なぜ防カビくん煙剤は効果があるの?

黒カビや赤カビのように、目に見えるカビだけがカビではありません。天井や壁には、私たちの肉眼では見えないくらいに細かいカビがウヨウヨいます。くん煙タイプの防カビ剤は、こうした目に見えない原因菌まで対処できるので、高い効果を発揮するのですね。

 

プロのクリーニングでカビを一掃!その後のお手入れもラクラクです

プロのクリーニングでカビを一掃!その後のお手入れもラクラクです

 

徹底的にカビを退治したいなら、プロに任せるのもオススメです。お風呂場の、とくに天井や浴槽と壁のスキマなど、なかなか手が届かないところにもカビやカビの原因菌はたくさん生息しています。こうした場所を、ご自身で掃除するのは大変なことでしょう。

また目には見えない換気扇や浴槽についている「浴槽エプロン」をはがすと、おそろしいほどのカビがビッシリ…。なんて事態もあり得ます。プロによる技術や知識、道具を駆使することで、お風呂場内のカビを一掃することができるでしょう。

さらに、作業後にはその後のカビの発生や増殖を防止する「防カビコーティング」をおこなってくれることも。浴室はリラックスタイムに欠かせない場所。プロの技で浴室のカビを撃退、予防することで今よりももっと快適な時間を作ってみてはいかがでしょう?

 

まとめ

お風呂場のカビは気づいたら目に見えて増えている。気づいたときには手におえないくらいになっていた。なんてこともあり得る話です。カビにとってお風呂場は格好の住みか、その増殖を防ぐためには、毎日の心がけが大切です。

ご自身でできる対策としては、お風呂場の換気や防カビ剤の利用です。とくに天井はカビの発生源です。手の届かない天井のカビ対策にはくん煙タイプの防カビ剤がとても有効でしょう。

しかし、日頃から手入れをしていてもカビは思わぬところに発生しています。少しでも気になることがあれば、専門の業者に相談を。プロならではの技術や道具を使うことで、徹底的にカビを撃退、予防することができるでしょう。

お風呂場の防カビ対策は、毎日気持ちよくお風呂に入るためにも欠かせません。ぜひ今回の記事を参考に、お風呂場のカビをスッキリと片づけてみてくださいね。