お風呂の赤カビがヌメヌメ気持ち悪い!掃除と予防で快適なお風呂場へ

お風呂の赤カビがヌメヌメ気持ち悪い!掃除と予防で快適なお風呂場へ

お風呂掃除のとき、特に厄介なのがピンク色のヌメヌメした「赤カビ」ですよね。お風呂の赤カビはいくらきれいにしても何度も発生してしまい困ってしまいます。気持ち悪い赤カビを取り除くためには原因を知ることが大切です。

今回は赤カビの発生原因や掃除と予防の方法についてだけではなく、赤カビの正体についてもご紹介させていただきます。

 

 

お風呂場で気になるピンク色!赤カビの正体は?また害がある?

一般的にお風呂で赤カビと呼ばれている汚れは、じつはカビではないのです。あのピンク色の正体はいったい何なのでしょうか。

 

赤カビと呼ばれているけどカビではない!

水回りに現れるピンクのヌメヌメした汚れはカビではないということははっきりとされています。

「ロドルトラ」という酵母菌で、この菌が発生すると赤いヌメヌメしたカビが生えたかのような状態のお風呂場にします。

厄介なことに、とても繁殖スピードが早く、「昨日ちょっと見かけた」でも次の日になると、広がっていることも。発生させないためには、ロドルトラの栄養源である石鹸カスや皮脂を掃除し、なくすことがいちばんです。

 

ピンク色でかわいい…?いえいえ害があります!

カビではないのならば安心、とは言えません。赤カビも有害な物質なのです。口から体に入った赤カビは、腹痛、げり、嘔吐などの症状を引き起こします。お風呂場や洗面台であってもどこからか口に入ってしまう危険性があるため注意しましょう。赤カビは湿ったタオルにも繁殖します。

口を拭くときに口に入ってしまった、ということにもなりかねません。使ったタオルはこまめに洗うなどの予防をおこないましょう。

 

黒カビとどう違うの?

黒カビは立派なカビの一種です。菌糸を伸ばして繁殖をおこないます。部屋の至る所に存在し、空気中にも存在していると言われています。湿気の多い場所を好むためお風呂のゴムパッキンや窓際などでよく見られるでしょう。

赤カビは酵母菌が原因のため、菌糸を伸ばしません。そのため、比較的簡単に取り除くことができるでしょう。赤カビは黒カビのエサになるといわれています。赤カビが原因で黒カビが生えてきてしまう危険性があるため、被害を食い止めるためにも早めに赤カビを掃除しましょう。

 

ヌメヌメ赤カビ…効果的な掃除方法で除菌もしっかり!予防もバッチリ

ヌメヌメ赤カビ…効果的な掃除方法で除菌もしっかり!予防もバッチリ

お風呂の赤カビをきれいにするためには、しっかりしたやり方で掃除をしましょう。赤カビは取り除きやすいため表面はきれいにすることができます。しかし赤カビの元が残っているとそこから発生してしまいます。

 

まずは赤カビを取り除こう!掃除方法をご紹介

赤カビの再発生防止に最適なのは塩素系の漂白剤です。塩素の臭いが苦手な場合は、他にも赤カビによく効く洗剤として、重曹やエタノールなどがあるので、そちらを使用しましょう。赤カビ掃除のやり方は以下の通りです。

 

・塩素系漂白剤

まず塩素系漂白剤を10倍に薄めます。赤カビのできている場所に先程の漂白剤を吹き付けて15分待ちます。15分経ったらシャワーで洗い流しましょう。このときに冷水で勢いよく流すときれいに落とすことができます。これで除菌は完了のため、残った汚れはスポンジでこすり落とし、最後に乾拭きすれば完成です。

 

・重曹沸騰水

重曹沸騰水は、沸騰したお湯1Lに重曹80gを混ぜると完成します。重曹沸騰水での掃除のやり方はお風呂上りに重曹沸騰水を浴室に撒き、水で洗い流すだけで完了です。とても簡単でやりやすい方法と言えるでしょう。

 

・消毒用エタノール

エタノールも赤カビによく効きます。赤カビがある所に吹き付けて、後は要らない布で拭き取りましょう。エタノールはすぐに蒸発してくれるので、何度も吹く必要はありません。こちらも手間をかけることなく掃除することができます。

 

・除菌作用のあるお風呂用洗剤

市販のお風呂用洗剤を使えば、赤カビもしっかりきれいにすることができます。洗剤の説明書をよく読み、失敗しないためにも手順を守って掃除しましょう。

 

発生させないためには予防が大事

もう二度とお風呂に赤カビを発生させたくない!そう思っている方、赤カビを発生させないためには予防が大切です。ここではいくつかの予防方法についてご紹介します。

 

・入浴後に壁・床をシャワーで流す

赤カビの餌は皮脂や石鹸のカスです。入浴後はこれらが残ってしまうため洗い流しましょう。シャワーの設定温度は45度にしてください。なぜなら赤カビは45度以上になると不活性化すると言われているからです。

その後、シャワーの設定を冷水にしてもう一度浴室内を洗い流します。赤カビの発生に適切な温度は25~30度といわれているので、浴室の温度を下げることで赤カビが発生しにくい環境をつくります。

 

・入浴後は換気扇をつける

換気扇を回すことで、浴室内の湿度を下げることができます。できれば次の日の朝まで換気扇を回し続けましょう。理想的なのは24時間換気をすることです。窓がある場合は窓を開けておくと良いでしょう。

 

・水分を残さない

赤カビは水分が残っているだけで繁殖してしまいます。少しでも水分を残さないために入浴後は浴室内の水分を拭き取りましょう。使用後の浴室を拭く用のタオルを1枚2枚、作っておくとよいかもしれません。いらなくなった古いタオルを拭き上げで使えば、使い終わってそのまま捨てることもできます。毎回、タオルを捨てることに抵抗があれば、専用のタオルを用意しておきましょう。

 

ヌメった赤カビ…ではない?もしかしたら「赤サビ」の可能性もあり

お風呂の赤カビを掃除してもなかなか取れない…。その汚れ、もしかしたら「赤サビ」かもしれません。水垢に含まれる鉄分が塩素系カビ取り剤などで酸化し、赤色に変色して床や壁についてしまことがあります。ついつい、お風呂場にヘアピンを置いたままにしてる方もいるでしょう。

ヘアピンだけではありません。カミソリもお風呂場に置くアイテムのひとつです。じつはここからサビが発生して、サビが壁や床を赤く染めてしまうことがあります。

この汚れはヌメっていないので違いがわかりやすいです。もしサビ汚れであれば、洗剤を付けてこすればきれいにとれます。注意点としては、キズがつかないように研磨剤に使用はひかえましょう。

標準的な赤カビを取り除く方法は、塩素系洗剤をキッチンペーパーなどに浸して錆びている部分に置き、30分ほど放置するものです。剥がし終わったら酸が残らないようにしっかり水で流しましょう。

それでも取れない頑固なサビには粉末還元型漂白剤がオススメです。漂白剤を40~70度のお湯で溶いて、ペースト状になった漂白剤をサビの上に塗ります。10分~20分置き、その後水にぬらしてしっかり絞ったストッキングで拭くと、きれいにサビを落とすことができます。

 

しつこい赤カビにはお手上げ!プロによるプロの技でピカピカに

しつこい赤カビにはお手上げなら!プロによるプロの技でピカピカに

頑張ってお風呂の赤カビを取り除いても何度も出てくることがあります。「もう自分ではきれいにできない!無理!」と感じたときは、業者に頼んでクリーニングしてもらいましょう。

業者はクリーニングのときに、カビに効果的な高い洗剤を使って作業をおこなってくれます。家庭用のものと比べて強力な殺菌力をもっているため確実に赤カビを取り除いてくれるでしょう。また、業者は素人と比べて洗剤の効果的な使い方を熟知しています。

カビ取り洗剤はすぐに落とさずしばらくつけておくことが重要ですが、業者はカビの程度によってどのくらい洗剤をつけておけばよいのかを判断することができます。さらにカビを落とすときに使う機材は性能の高いものを使用しているため、素人がスポンジで掃除するよりも効率よくきれいにクリーニングしてくれるのです。

自力での赤カビ除去が難しいと感じたのならば業者に依頼することもおすすめです。

 

まとめ

悩みの種であったお風呂場の赤カビは実はカビではありません。しかし、他のカビと同様、危険であることには変わりありません。

今回ご紹介させていただいた赤カビの掃除のやり方と対策をぜひ活用してみてください。赤カビの発生源を防ぐことが一番効果的な方法です。

しかし、赤カビは繁殖力が高く、なかなかしつこいです。自力での除去が難しいと判断したのならば業者に依頼することもよい方法です。業者であれば、赤カビをキレイに取り除いてくれるだけではなく、赤カビが発生しにくいように清掃してくれるでしょう。これからも安心した生活を送るためにもこまめに対策をおこなってください。